ARTIST STATEMENT

ここに、二つのステートメントを掲げる。

その1:「空間化される時間軸:映像と空間における新しい表現手法の開拓」

私はヴィデオアートの新しい形式を提案する。「タイムベースド・メディア・インスタレーション」と名付けた作品群を、2013年より三作品制作した。照明、モーター、オブジェ、サウンド、声、音楽、物語、現象によって構成された、時間軸を有する空間を制作し、鑑賞者は「映画」もしくは「演劇」を体験するように、「空間化された映像」を体験する事になる。「空間化された映像」とは、映像の編集過程で用いられる「モンタージュ」「インサート」「カットアウト」などの編集術を実空間の中に応用し構成したものである。具体的には暗室にて、各場面に照明を照らし出すことで、実空間の中をカットとカットで結んでいき、時間を構成する。ブリコラージュされた古物やオブジェを擬人化し、人間の感情を揺さぶる。スクリーンという四角い概念からの脱却を行い、人間の認知を拡張させる、ニューメディアの可能性を探索する。

その2:「虚無な日本の私:空虚と希望により生まれるクライマックス」

私の作品に共通するテーマは『虚無』と『希望』だ。そのほとんどは、自身のプライベートな出来事を元に制作される。近作《トーキング・ライツ》(2016)では、2011年の東日本大震災を発端とした福島第一原発事故により故郷から避難している知人女性の体験をベースに制作されている。彼女との対話の過程で、「個人」という単位が、社会や国家から蔑ろにされている事に、私は強い憤りを感じた。2011年以降、日本では、民衆が沢山のデモ活動や社会運動を起こしたが、私はそれらには参加することはなかった。その理由としては、当時自覚し始めていた私自身の中にある潜在的な『虚無』を外に吐き出さず、体内に保存したかったという事が言えるだろう。この時、同時に、『虚無』の感情を認識する事によって生まれる、『希望』の存在にも気がついた。そう、『虚無』と『希望』はコインのように、表裏一体であるのだ。私は、この時代を生きる我々にとっての『虚無』と『希望』の様を表現したい。空虚と希望が拮抗する事により生まれるクライマックスは、カタルシスを生み出す。そして、映像メディアを用いて、私はこの現代の「民俗誌」を創造する事とする。

山城大督 2017.1.10




Below are my two statements.

#1: “Spatialized Timeline - Developing methods of expression in video and space”

I propose a new format of video art. Since 2013 I have produced a series of three works named ‘Time-Based Media Installations”. In the works composed using lightings, motor, objects, sounds, voices, music, story and situation, I created a space which projects a timeline that viewers can walk in, and get to experience ‘spatialized timeline’ like watching a ‘film’ or ‘theater’. What makes ‘spatialized timeline’ are the structured applications of editing techniques such as montage, inserts or cutouts in the actual space. For example, by illuminating each scene using lighting in a darkroom setting, it pieces together individual scene cuts in the actual space resulting to create a concept and/or passage of time. Using the personification of bricolage antique materials and objects works to compel human emotions. In the attempt of freeing oneself of the established concept and status quo presence called ‘rectangle screen’, I pursue a potential for new media which can expand horizons of human perception.

#2: “Self-portrait in Nothingness of Japan – Catharsis by sense of emptiness and hope”

There are common themes throughout my works – “nothingness” and “hope”. Most themes are based on personal experiences and private events. In the recent work “Talking Lights” (2016), the theme is built around my friend’s experiences as an evacuee from her hometown due to the Fukushima Daiichi nuclear power plant accident caused by the Great East Japan Earthquake in 2011. Through dialogues with her, I felt so strongly, nearly a sense of anger, about realizing how ‘the individuals’ as opposed to much larger unit like society or nation had been so neglected. There were many demos and social movements the Japanese people initiated after 2011, I never participated in any of them. As I look back, one reason of my not getting involved with those acts maybe that I perhaps needed to store the sense of nothingness within myself, about which I had just started becoming more aware, instead of expressing it elsewhere at that time. By recognizing my sense of “emptiness” led me to realize sense of “hope” at the same time. “Emptiness” and “hope” – they coexist with each other, like a coin with two sides. I want to portray the state of “nothingness” and “hope”, and express what they mean to us today. The two senses coexisting and fighting each other can produce ‘emotional and spiritual releases’, that is “catharsis”. It is my aim to illustrate and create the contemporary perspective and aspect of such human emotions, awareness, and release using a visual/film media.

Daisuke Yamashiro